--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.11.08 (Sun)

為替レートをリアルタイムにエクセルに取り込む方法 第2 

 前日記でエクセルに為替レートをエクセルに取り込み処理するところまでできました。
 ただ、IEでの各証券会社の各通貨をコピー、クリップボートに貼り付け、エクセルの特定のセルに貼り付けをする原始的な方法のプログラムなので、コピー箇所が増えれば増えるほど、処理に時間がかかり(1秒くらい)、場合によっては2秒ぐらい動作がとまるときがありました。

 そこで、パソコンの高速化 をググッて、そのとおりに処理するとほぼ瞬間的に処理ができることができました。

 これで、レートの取得に関する問題は解決。

 今週は、プログラムの合体化をします。
 ①レートの取得
 ②ロジックに合うかの判定
 ③ロジックにあった場合の4つの対応パターン
 ④そのパターンにあった時の発注
 ⑤発注が、正確にできたか確認判定(正確にできていない場合の処理)
 ⑥ポジションをエクセルに貼り付け
 ⑦決済に向けてのIEの操作
 ⑧決済専用のロジック2つの判定
 ⑨そのパターンにあった時の決済発注
 ⑩決済が、正確にできたか確認判定(正確にできていない場合の処理)
 ⑪決済ポジションをエクセルに貼り付け
 ⑫現口座維持率を確認して、①に戻るか判定
 ⑬レート取得のための初期位置へのIE操作
③と⑧が分岐点となるため、このロジックでは1通貨あたり8パターンの処理結果になります。

 それぞれつなぎ合わせ、動くか今週実験してみたいと思う。
 IF関数を多く使っているから、スムーズに動くか心配です。
 
 プログラムを1ヶ月ほど前は、一つも知らなかった自分が、必ず毎日一つ問題ができて、それを解決していく過程もおもしろいものです。

 これができたら、次は、プログラムに時間を取り込むこと。
 それと、ネット上で重要指標の時間・証券会社がメンテナンスする時間をを自動的に取り込み、その前後には取引をしないとするプログラムを作る予定です。
 
EDIT  |  21:20 |  システム開発  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2013年11月10日(日) 08:28 |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

自己紹介

月別アーカイブ

PING送信

アクセスランキング

FX情報

情報整理棚(カテゴリ)

最近の記事+コメント

資産家の足跡

ブログランキング

おすすめブログ

逆アクセスランキング

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。